ソーダストリーム違い

aarkeとソーダストリームを比較!価格や機能の違いを徹底解説

aarkeとソーダストリームを比較

aarkeとソーダストリームの価格や機能などの、違う点をまとめました!

aarkeとソーダストリームの違いを解説!

aarkeとソーダストリームには、本体、専用ボトルそれぞれに違う点があります。

本体、専用ボトルの順にそれぞれ解説していきますね^^

aarkeとソーダストリーム本体の4つの違い

aarke本体 ソーダストリーム本体
①価格(税込み) 28,500円~33,000円 9,900円~31,900円
②ボトル接続法 ねじり込み式 ねじり込み式~
ワンタッチ
③炭酸強度調節 手動 手動~全自動
④炭酸強度確認ランプ なし なし~あり

違い①:価格

aarkeの価格は、外見のコーティングによって2種類ですが、ソーダストリームは機能に応じて約8種類の価格帯があります。

違い②:ボトル接続方法


aarkeとソーダストリームの低位機種はともにボトルの接続は「ねじり込み式」ですが、ソーダストリームの中上位機種は「ワンタッチ接続」になっています。

毎日使用する場合には、使い勝手の上で重要なポイントとなってきます。

違い③:炭酸強度調節


ソーダストリームの中~上位機種には、3つのボタン内から1つを選ぶことで、だいたいの炭酸強度が調節できる機能が付いています。

違い④:炭酸強度確認ランプ


ソーダストリームの上位機種には、炭酸強度センサーが内蔵されており、目視で炭酸の強度を確認することができます。

aarkeとソーダストリーム専用ボトルの違い

aarkeボトル ソーダストリームボトル
デザイン
内容量 0.8L 0.5L または1L
価格(税込み) 1,980円 1,100円~1,980円

aarkeのボトルサイズは1種類で底を外して洗えませんが、ソーダストリームのボトルは数種類あり、メタルモデルは底を外して洗えます。

ソーダストリームの500mlボトルは携帯に良いと好評です。

ボトルの口コミでは、ソーダストリームの評価が高く、aarkeの楽天やAmazonの口コミはあまり良くないので注意です!

aarkeとソーダストリームが同じところ!


aarkeはソーダストリームの炭酸ボンベが使用できます。

炭酸ボンベを交換する度に、通販で注文していたら、炭酸を作るコストが上がってしまいますよね。

その点、ソーダストリームの炭酸ボンベは、イトーヨーカ堂などの店舗で交換用炭酸ボンベの取り扱いがあるので安心です!

aarkeとソーダストリームの比較まとめ!

aarkeとソーダストリームを比較すると、機能や価格ではソーダストリームの方がおすすめです。

確かにaarkeはデザインがお洒落なので、デザイン性は譲れないという強いこだわりがある方は、aarkeを選ぶと良いでしょう!

こちらのページもぜひ参考にしてください^^
ソーダストリーム全機種を一覧比較!