ソーダストリーム違い

炭酸水メーカー人気の4社のコスパの違いを分かりやすく比較!

日本国内で販売されている家庭用炭酸水メーカーは、ソーダストリームを含めると4つあります。

  1. ソーダストリーム
  2. ドリンクメイト
  3. ツイソパソーダ
  4. ソーダスパークル

ソーダストリームとそれぞれのメーカーの違いが分かるように価格長所・短所などの特徴をまとめました!

 

①ソーダストリームと他の炭酸水メーカーの違い

ソーダストリーム
公式サイト本体の価格帯 9900円~31320円
炭酸作成のコスパ 1Lあたり約36円
マイナス評価点
  • 炭酸化できるのは水のみ
  • 炭酸カートリッジは、交換式(空のボンベを回収)のなので、カートリッジの交換が少し面倒くさい。
  • 初回のマーシーン購入が少し高い。(長期利用予定者向け)
プラス評価点
  • 炭酸カートリッジは、1本で約60L作ることが出来る。
  • 炭酸カートリッジ交換がイトーヨーカ堂やイオン、オリンピックなどでできるので、炭酸コストが一番安い。
  • マシーンの種類が豊富で、炭酸強度の目視・ボトルとのワンタッチ接続・デザインや色などの選択肢が多い。

ソーダストリーム全機種の違い比較コチラ

 

②ドリンクメイトと他の炭酸水メーカーの違い

ドリンクメイト
公式サイト本体の価格帯 9880円~19880円
炭酸作成のコスパ 1Lあたり約25円
(マグナムサイズ142L炭酸ボンベ使用時)
マイナス評価点
  • 炭酸カートリッジは、交換式(空のボンベを回収)のなので、カートリッジの交換が少し面倒くさい。
  • 全モデルのボトルがスクリュー式なので、毎回ねじるのが手間。
  • 炭酸カートリッジ交換がネットで注文なので、炭酸ボンベ価格以外に送料がかかる。
  • 水以外を炭酸化する時に、炭酸の消費量が多い。
  • 初回のマーシーン購入が少し高い。(長期利用予定者向け)
プラス評価点
  • 炭酸カートリッジは、1本で約60L~142L作ることが出来る。
  • 水以外のジュースやワインなども炭酸化できる。

③ツイスパソーダと他の炭酸水メーカーの違い

12
公式サイト本体の価格帯 5500円~7500円
炭酸作成のコスパ 1Lあたり約75円
マイナス評価点
  • 炭酸カートリッジは、毎回交換なので手間がかかる。
  • 炭酸コストが高め(1L=約75円)
プラス評価点
  • 水以外も炭酸化出来る(ジュース、調味料など)
  • マシーン購入の初期費用が安い。

④ソーダスパークルと他の炭酸水メーカーの違い

ソーダスパークル
公式サイト本体の価格帯 4000円~7500円
炭酸作成のコスパ 1Lあたり約68円
マイナス評価点
  • 炭酸カートリッジは、毎回交換なので手間がかかる。
  • 炭酸化できるのは水のみ
  • 炭酸コストは、やや高め(1L=約68円)
プラス評価点
  • マシーン購入の初期費用が安い。